読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク的「名言」リーダーシップ

あなたの毎日を1ミリでもワクワクに。気楽に読める内容です。

幸せに長生きしたかったら・・・・。

【いつもニコニコといつもプンプン、あなたはどっち?】

 

短気は損気なんて言いますが、「ダメなのはわかっていても、つい怒ってしまう!」なんて方はこちらを読んでみてください。

 

こんな実験結果があったそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカの心理学者、エルマ・ゲイツ博士は人間の吐き出す息を使って、次のような実験をしたそう。

 

人間が吐き出す息を冷却したガラス管に集め、液体空気で冷やしてやると沈殿物ができるのだが、人間の感情によって驚くべきことがおこると言います。

 

・健全な人間の吐き出す息は無色である

・人間が怒っているときの息の沈殿物は栗色をしている

・悲しんだり、苦しんでいる時の色は灰色をしている

・にんげんが後悔して苦しんでいる時の息の色の沈殿物は淡紅色をしている


博士は、栗色の沈殿物を水に溶かしネズミに注射したところ、わずか数分でネズミは死んでしまった。

 

もし一人の人間が一時間、腹を立て続けると、なんと80人の人間を殺すことが可能な毒物が発生するというのです


また、私たちの血液は、

・怒ると黒褐色で渋くなる

・悲しむと茶褐色で苦くなる

・恐れると紫色で酸っぱくなる

と言われているそうです。


いつもニコニコしている人が健康であることが理解できます。

いつもいらいらしている人が体の具合を悪くすることも、病気になることもうなずけます。

 

私たちは酸素を吸いこんで生きている。
その酸素が全身にくまなく流れているのだが、自らつくった悪い酸素が体中にいきわたるのだから恐ろしいこと。

 

また酸素との関連や、自らつくった化学物質が血液の色や構成まで変えてしまう。
それによって身も心も傷ついていくのです。

 

まこと、世の中の健康をつくるのも自分、病気をつくるのも自分です。

さらに周囲を暗くしたり、明るくしたりするのも自分なのです。

 

参考出典:『眼からウロコが落ちる本』笠巻勝利著

f:id:piropirosurf:20160303235845j:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


いかがでしょう?怒りの息に色があって、それが毒物を発生させると考えたら、ちょっと怒るのが怖くなりません?(笑)

そう考えたら、「なんくるないさ~」と穏やかな沖縄の方の平均寿命が長いのも納得できそうですね!

 

いつもイライラしたり、不平不満を言っているだけで、周りはもちろん、自分の寿命まで短くしていくのと、いつもニコニコ穏やかで長生きするの、どちらの人生が良いですか?

 

自分の人生をつくるのは自分だけです。


全て選択するのは自分ですので、「選択しない」という選択も自分がしているんですね!!

できることなら、みんな長生きしましょう!!

 

あなたの毎日がワクワクで溢れますように。