読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク的「名言」リーダーシップ

あなたの毎日を1ミリでもワクワクに。気楽に読める内容です。

何歳まで働きましょうか?

 先日セミナーで聞いた話によりますと、以前「きんは100歳、ぎんも100歳」で100歳は珍しいものでしたが、今はもうすぐ7万人もの人々が100歳を超える時代だそうです。これはまだまだ伸びていく。

 

これは今後、定年の在り方自体も変わってゆくことだと思いますが、何歳まで働きたいですか?

人によっては早くセミリタイヤして悠々自適な生活を、夢見ている方もいるかと思います。

それも悪くはないと思いますが、100歳以上までサラリーマンとして働いていた方の考え方も覚えておきたいものです。

 


「どうして100歳になっても働くんですか?」と良く聞かれます。

団塊世代でもう現役を引退した僕の息子ですら、あきれたり感心したりするくらいだから、みなさんがそう思うのも仕方がないことだよね。

でも、僕としては、普通だと思うことをただ続けてきただけなんだよ。

もちろん、働きたくても辞めざるをえない人は多いと思う。

会社勤めなら、定年で退職金をもらって引退してしまうのが普通だから、働いている高齢者が少ないのはそもそもしょうがないことだよ。

僕の方が珍しいんだろうね。

ただ僕は、元気な間は、人間はずっと働かなきゃいけないと思っているんです。

だって、動物は死ぬまで自分の力で食料を調達して生きていますよ。

人間も動物の一種なんだから、生きるために、死ぬまで働かなきゃいけないものなんじゃないかな。


そもそも、働くという字は「人」が「動く」と書くでしょう。

太古の原始人というのは、誰もが自分で動いて、生きるために食べモノを採ったんだろうね。

それは、今の人間にもずっと備わっている本能なんじゃないかな。

僕と違って、「生活に困らないなら働きたくなんかない」と言う人もいるよね。

それは引退して、家でゆっくりしていたいということでしょうね。

もちろん、誰にも迷惑をかけず、楽しく生きていけるなら、それも良いことだと思う。

ただ、月給をもらうかどうかは別にして、元気でいる間は何もやらずにじっとしていても仕方がないんじゃないかと僕は思ってしまう。

僕の場合は全然動かないでいる方が疲れちゃうんだ。

逆に100歳まで会社で働いてきて、もう疲れたなんて思ったことはないくらいだよ。

僕自身は、49歳から始まったサラリーマン人生で、辞めたくなるほど嫌なことはありませんでした。

何しろ、あまり偉くなろうなんて思ってなかったから、気楽なものでした。


人間は、自分の置かれた運命に従って、そこで頑張っていくより仕方がないものなのです。

与えられた運命のもとで、とにかく自分が精いっぱいできる努力をしていくしかない。

そして、どんなに努力してもうまくいかないからって、すぐにイライラしてはいけないんですよ。

僕は何歳になっても生きている間は働いたほうが良いと思うけれど、お給料をもらって働くことだけがいいと思っているわけではないんだ。

だってね、そもそも全員が死ぬまでお給料をもらえるような、そういう社会にはなっていないんですからね。

人間、自分勝手はいけないよ。

人のために何ができるかを考えて生きなきゃ、だめなんじゃないかな。

僕はそうした「利他」の考え方を人生の柱にして生きてきたんだ。

誰かに教えられたわけではないけれど、小さな頃から周りの人たちが、いつも助け合って生きていたから、自然に「利他の心が、生きていく上で大切なんだ」と思うようになったんじゃないかな。

特に大きな影響を受けたのは、母からなのかもしれないなあ。

母はとにかくいつも人のことをさりでなく見守っているような人だった。

そして、自分が何かをもらっても、貧しくて困っている人にあげてしまうような人だったんだ。

 

『100歳、ずっと必要とされる人』日経BP社

 

100歳、ずっと必要とされる人

 

2014年まで現役だった、福井福太郎さんは、お金に困っているたわけではなく、もちろん地位や名誉のために働いているわけでもなかったそうです。

 

その 仕事内容は、宝くじの仕分けや枚数の勘定、売上管理など、地味な仕事であることは間違いない内容です。

「会社でそれなりに成功をした人」であれば、正直あまり面白いとは思えない仕事です。

それでも、過去の経歴が立派でも、決して偉ぶらず、他の社員の方たちと同じようにまじめに仕事をされていた。そして95歳では引退しようと本人は思ったけれど、まわりの人に「辞めないで」と嘆願され仕事を続けたそうです。


 「なんのため」に働くか、地位や名誉、お金のためでなく、目の前の仕事の中に面白みを感じ、見つけ出せる人はいくつになっても必要とされ、働くことができるのですね!

 

 仕事内容や肩書・地位ばかり気にしている人は「利他」とは逆の「利己」の人。

でも本当に人から必要とされるのは「利他の心」を持った人なんですね!!
いくつになっても必要とされる人でありたいものです!

 

 

内村鑑三さんの名言

『後世へ遺すべき物はお金、事業、思想もあるが

誰にでもできる最大遺物とは勇ましく高尚なる生涯である』

 

あなたの毎日がワクワクに溢れますように。

 

それって意識高い系?

 世の中、活字離れが加速しているなどいいますが、 読書はみんな好きじゃないという事。実はそのことは江戸時代末期から言われていたとは驚きです。こちらから引用させていただきます。

 

1年後に夢をかなえる読書術

『1年後に夢をかなえる読書術 ビジネス書の底ヂカラを引き出そう』 間川    清 著

人が本を読まない現実、そして本を読んだ人は成功する事実。
これは歴史が証明しています。

江戸時代、歴史を動かし松下村塾を主催し多くの歴史上の人物を輩出した吉田松陰

彼は晩年このような言葉を残しています。

「顧(おも)ふに人読まず。即(も)し読むとも行わず」

これは「人は本を読まないものである。そして読んだとしてもその内容を実行に移さない」という意味です。

江戸時代末期から、人はあまり本を読まないこと、そして、本を読んだ人が成功すると言われていたのです。

 

本を読んでも大半の人が行動しない、というのは日本だけのことに限られません。

世界的なアラブ研修者であるビルハリス氏は「行動する2%になれ」と講演で訴えかけています。

アメリカでも本を読んで実際に行動する人は2%に過ぎないのです。

本を読んで行動する人がこれだけ少ないということは、行動するだけで、行動しない98%の人に圧倒的な差をつけることができるということです。

そう考えるだけでワクワクした気持ちになりませんか?

 

何をもって成功とするのかは、それぞれですが、まず本を読み、そして学んだ事を行動してみる。マネだって全然いいんです。たったこれだけのことが普通はできないんですよね。

 

でも、逆にすごい能力があったり、とてつもない学力が必要なわけではなく、普通の人が面倒だと感じる、「読書」とそのあとの「それを取り入れ行動する」という習慣があれば、たったそれだけでとても大きな差になるという事ですよね。そう思うと確かにワクワクします。

 

何事も難しく考えがちですが、実は真理はとってもシンプルだったりするんです。

 

「それって意識高い系?」って言われてもいいじゃないですか(笑)

さあ、まずは今日も今から、読書をはじめませんか?

 

 

手塚治虫さんの名言

『君たち、漫画から漫画の勉強するのはやめなさい。一流の映画をみろ、一流の音楽を聞け、一流の芝居を見ろ、一流の本を読め。そして、それから自分の世界を作れ』

 

一流になりたければ、好奇心とそれを受け入れる感性を磨いていくのが大切ですね。

 

あなたの毎日がワクワクに溢れますように。

 

ズバリ、『なぜ会社は変われないのか』という本です

雑談していますか? 

『雑談力』みたいな本もたくさんありますが、コミュニケーションはいつも大切ですね。では職場での雑談ありでしょうか?

 

同じ雑談でも、「まじめな雑談」は会社の風土を変える力があるようです。

今回は師匠から教わった、企業風土の変革をサポートする、こちらの書籍から引用させていただきます。

 

 

なぜ会社は変われないのか―危機突破の風土改革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

もともと職場の風景というのは、立場やポジションによって見えかたが違うのもである。

 特に、上から見るそれと下から見るそれは違いがはなはだしい。

 

 例えば、風土・体質改革についても「社員が期待するもの」と「経営陣、特に社長が期待するもの」とは、どうしても同じにはならない。

 一方が、より働きやすい環境を期待しているのに対して、他方は社員が元気で頑張ってくれることを期待する。

 立場が違うから、期待するものが違うのは当たり前と言えば当たり前なのだが、この違いは、しばしば相容れない認識の差になって表れる。

 

 下の人間を、がっちり管理して働かせる、いわゆる“できる”管理職に対する見方の違いなどは、そのいい例である。

  特に、そういう管理職が説明能力が高くて、上の心をつかむのがうまい一方で、人の「やる気」などの要素はあまり重視していない場合などは、その管理職に対する上と下の評価は正反対になる事が多い。

 往往にして、下の人間の上に対する不信感は、そうした認知のギャップによって生じ、双方の関係はどこまでも川をはさむ岸のように平行線をたどることになる。

 

 しかし、上の人間はそんな実態になかなか気づかない。上の人間の限られた情報源の一つである会議の場などからは、上から受けのいい管理職が、下からどうみられているかといった情報は意外に入りにくいものである。

 気付こうにも、情報が出入りする窓が開いていないのである。

 

中略

 

 上から見る風景に慣れてしまうと、知らず知らずスクリーニングされた情報だけに接している自分たちの日常や、その限られた情報の中で判断を行なっているという現実にも思いが及ばないことが多い。

 実際、上層部の人間は、現実との隔たりさえ感じないほど遠い立場に自分を置いていることが少なくないのである。

 

 しかし、雑談の場というのは、立場を超えてみんなが等間隔で気軽に話ができる、いわばボーダレスな場である。

 『なぜ会社は変われないのか』 柴田昌治著

 

ここでの「まじめな雑談」は「気楽にまじめな話をする」ことを表すので、いわゆる昨日のサッカーの話などの雑談とは違い、オフサイトミーティングを表しているそうですが、いずれにしても、上下関係をあまり意識せずに話せる環境づくりはいつの時代でも大切です。

 

形式だけの面談や、意見交換会ではなかなか真相までは届きません。ではそのためにどんな準備が必要か?

それは書籍を読んでいただくとして(笑)

ストーリー仕立てで読みやすく【場】の重要性を再確認できること間違いなしです。

 

上に立つ人は常に『自分は裸の王様になっていないか?』意識していきたいものですね。

 

 

 柴田昌治さんの名言

『チームや社員同士がきちんとぶつかることは、むしろ会社の進化にとってなくてはならないこと。』

 

ストーミング期は大切ですね〜‼︎

 

あなたの毎日がワクワクに溢れますように。

 

 

 

 

 

人の心と行動は複雑系です

『商い』は『飽きない』といいますが、常に悩みは付きものですね。

 

そんな悩み多き商人の間で『商人の母』と呼ばれる、山田文美さん。

2016年12月号の商業界ではお客様の心と、商人の心からの視点で伝えてくれます。

 

例えば相談室のページ。

Q.上からは高額品を売れと言われますが、お客からは「高い」と言われるのが辛いです。

とか、

Q.「声かけしても無視されると、しない方がいいのかと悩みます。

 

などなど、どんな回答になるのか、質問だけでドキドキしませんか?

是非、商業界で確認していただければと思います。

 

さて、本日はその中から一つの質問部分だけ引用させていただきます。

 

f:id:piropirosurf:20161103224804j:image

相談

Q.「買えないわ。見ているだけ」と言われ、取り付く島もありません。途方に、くれてしまいます。

 

A.実は、人は言葉ではうそをつけても動作でうそをつくのは難しいのですよ。

だから、「買えないわ。見ているだけ」を言い換えると「口では買えないと言いながら、行動では熱心に商品を見ている」とります。

お客は買わないと言ったわけではなく、興味があると言ったのです。

 

中略

 

この場合は、お客の行動に対する『あなたの感情』を伝えましょう。

以下のような流れです。

 

① 「 ご覧いただき嬉しいです。今日は商品特徴だけ伝えさせていただいてもよろしいですか」などと、買わない前提で話を進めてみます。

②お客が「どうぞ」と許可してくれたら、

③「では、説明が終わったら感想聞かせてくださいね」と前置きして本題に入ります。

 

すると、自然とお客と会話が始まります。
「まず私が話して、次はあなた」と、話す順番を決めるだけで会話になるのです。本当です。だまされたと思ってやってみてください。

 

確かにお客様の言葉でいう事と行動は必ずしも一致しないという事に遭遇する場面はたくさんあります。

また、行動経済学などでも、人間はその時の気分や好き嫌い、感情を優先させて不合理な行動をとることがあるのを前提としているというのもあります。

 

人の心と行動をしっかりと意識していくことは常に大切なことだと、考えさせられる今日この頃です。

まずは、マネからでも、相談からでも、とにかく動いてみる。始めてみるのが大切なんですよね。

 

 

ダン・アリエリーさんの名言

『大半の人は、自分の求めているものが何かわからずにいて、状況とからめて見たときに、はじめてそれがなんなのかを知る』

 

 

あなたの毎日がワクワクに溢れますように。

 

 

 

イキイキした人生の人はいつも楽しいことしか起こらない?

まわりを見渡すと、いつも楽しそうにイキイキと働いている人もいます。

さて、その人のまわりではいつも楽しいことばかりしか起こっていない?

 

っと、そんなはずはありませんよね。きっといつも不機嫌な人とそこまで大きな差はないかも知れません。嫌な事もあるはずです。

 

では、どこにその差があるのでしょうね。

本日はこの本から引用させていただき、考えてみました。

 

 

 

コーポレート・コーチ

ラ・ボエム」というイタリアンのチェーンがあります。この店の特徴は、店員さんが、客を楽しませようという気持ちに溢れているところにあります。

カルボナーラを運んでくると

「今日は気持ちを込めて黒コショウふっておきましたから」

カクテルを持ってくるときは

「このカクテルを飲むと、情熱的になりますよ」

それを皮切りに会話が弾みます。

 

仲良くなった1人の店員さんに聞きました。
「皆さん、サービスがいいですね。会話がすごくうまい。研修をしているんですか?」
「いえ、研修は特にありません。ただ、お客様のテーブルに行ったら必ず、何でもいいから楽しんでいただけるような話をしてきなさいとは言われています。だから考えるんですよ。どうすれば楽しい会話ができるかなって」

 

一方、あるスーパーマーケットの管理職の方と話していたらこんな話がありました。
「命令調で怒鳴っちゃう店長がいるんです。「元気に挨拶しろ!」って。
すると店員は怖いから、誰にでも大きな声で挨拶しちゃう。でも、とぼとぼ歩いているおばあちゃんには、語りかけるようにあいさつしたほうが いいかもしれないし、子供に対してはにっこり挨拶したほうがいいかもしれない。そういう臨機応変な接客ができなくなるんですよね」

 

人の行動を生み出す要因の中でも大きいのは、内側で自分自身にどんな問いかけをしているかです。
朝、出勤途中に、重いトーンで

「今日は上司に何を言われちゃうんだろう?」

という質問を自分に投げかけている人と、快活な響きで

「どうやったら今日は効率よく楽しく仕事ができるだろう?」

と語り掛けている人とでは、自ずと生まれる行動は違います。

 

ですから、上司、親、先生など、人を指導育成する立場にある人に課せられる1つの役割は、肯定的な問いかけを相手の中にいかに内在化させるかということになります。

 

いかがでしょう?

普段から自分へどんな声かけをしているかで差がでてきそうです。

例えば仕事に向かう姿勢一つでも、その微差が積み重なると習慣になっていくのでしょう。

冒頭のいつもイキイキと働ける人は、意識、無意識かはわかりませんが、少なくとも自分自身へプラスの問いかけができているという事なのでしょうね。

 

そして、リーダーの役割としては、肯定的な問いかけに相手をもっていける習慣づくりができる事も大切な仕事なんだと考えていないといけないな〜と感じた次第です。

 

中村天風さんの名言

『やれ運命がつまらないの、人生がつまらないのって人は、その考え方がつまらないんです。』
               

 

あなたの毎日がワクワクに溢れますように。           

 

相手のこころにそっと寄り添う大切さ

 選ばれる会社、選ばれる人には共通点があります。

相手のこころに寄り添う姿勢、今回はその辺りをこちらのエピソード引用・共有させていただきます。

 

顧客から選ばれる会社へ

アデランスは一時売り上げを優先する営業に陥っていたそうです。

 

そこからもう一度商いの原点に立ち返り、お客様一人一人と向き合い、ご要望に沿った質の高いサービスを提供する営業スタイルに変化を遂げることを目指し、見事に成功されました。

 

そのような成長の結果、それまでになかったようなお客様との感動エピソード、スタッフ同士の感動エピソードが報告されるようになりました。

東京の本社でお客様からの問い合わせや相談の応対をする社員の感動エピソードです。

 

ある日、ウィッグを探しているS様という女性のお客様が電話をしてこられました。

「これから抗がん剤治療を始めようと思っています。副作用で髪が抜けると医者から言われたので、ウィッグを使おうと思い何社か問い合わせをし始めたところです」

そこでオペレーターは、ウィッグ購入に至る過程をわかりやすく説明しました。

途中、電話の声に耳をすませてみると、そのお客様が電話越しに泣いていらっしゃるのに気づきました。

声の様子から、S様が自分と同じくらいの年齢ではないか、とも感じていました。

なんでも、お子様の学校行事に参加する機会が多く、まさか髪の抜けた母親が子供たちの前に出ていくわけにはいかない。

できるだけ自然なウィッグが見つからないと学校に行くことができない、という事情をお持ちでした。

このオペレーターにも子供がいるので、S様の苦しい胸の内が自分のことのように理解できました。


本当はお客様の応対で感情的になりすぎてはいけないのですか、このときばかりは、声を押し殺しながら、もらい泣きしてしまったそうです。

そこでとにかくS様が安心してウィッグ選びができるよう、無理な勧誘はせず、その日はひたすらお話をお聞きすることに徹しました。

そして話が終わった頃「お決まりになられたときは、ご連絡くださいませ。抗がん剤治療の成功を心よりお祈りしています」と伝えて、電話を終えました。

 

それから数日後のことです。
店舗のカウンセリング担当者からこのオペレーターに連絡がありました。

以下は店舗のカウンセリング担当とオペレーターのやりとりです。

 

「関東地区〇〇店のカウンセラーをしているものです。実はS様というお客様がうちの店にこられて、私が面談させていただいたのですが、昨日無事にウィッグが出来上がったことを報告したいと思いまして・・・・」

 

「それはよかったですね。ところで、なぜわざわざ私に連絡をくださったのですか?」

 

「もちろん、社内ネットワークの顧客対応履歴を見れば、あなたが最初の電話対応された記録は残っています。S様はうちの店へ最初に来られた時から、あなたのことばかり話されるのです。」

 

「え!本当ですか?」

 

「あなたの電話対応のあと、S様は何社か問い合わせをされ、改めて当社にご連絡を頂いたそうです。 そこで私の店舗が紹介され、ご成約いただいたのです」

 

「どのメーカーも対応が事務的で、とても冷たい印象を受けられたとか。そればかりか気持ちを察することなく営業トークの繰り返しで、悲しい気持ちになられたそうですよ」

「最初に対応してもらったあなたがとても親切だったのが一番印象に残ったとのことで、当社に選ばれたそうです。来店されたときはいつもあなたのお話を楽しそうにして帰っていかれるので、ご報告を兼ねてお電話させて頂きました」

 

「やはり想像通り素敵な思いやりのある声をしていらっしゃるのですね。 あなたの対応があったからこそ、今回のご成約に結びついたのだと思います。いつか私が本社を訪れることがあるかもしれませんから、その時は ランチでもご一緒しましょう」

 

『顧客から選ばれる会社へ』柿原まゆみ著

 

  【本日の名言】

星の王子さま」の中にこんなセリフがあります。

 

「こころで見なくっちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。 かんじんなことは目に見えないんだよ」

 

お客様の心の内側、

「どんな気持ちで今いるのか?」

表情だけ言葉だけ、では見えないものがたくさんあります。

自分の心で感じられる人こそ、これからますます大切になっていくんでしょうね!そんな達人を目指したいです。

 

 

あなたの毎日がワクワクに溢れますように。

 

 

 

 

昔も今も“人を動かす”のは・・・

 人を動かすにはどうすればいいのでしょう?

 

デール・カーネギーさんは著書『人を動かす』のなかで、『自ら動きたくなる気持ちを起こさせること』と言っています。

 

では、自ら動きたくなるポイントは?

それは『自己の重要感』。自己効力感ともいいます。それが自ら動きたくなるポイントになるといいます。

 

では、たまに見かける(やっちゃう?)のは、危機感を植え付ける発言をし、お尻に火をつけ、それで動かすやり方これはどうでしょう?

 

これでも結構効果出たりするから困りもの。それが勘違いさせてしまう原因だったりもします。

でもこれは何も将来に繋がることはありません。むしろマイナス要素がのちに噴出してしまいます。

 

ここで本日はこの本から引用させていただきましょう。

 

最強リーダーシップの法則 正確に原因を知れば、組織は強くなる

危機に直面すれば、誰でも心底から危機感を持つ。
火事に見舞われれば、だれでも目の前の状況を理解し、危機感を持って行動するだろう。

だから意図的に部下の危機感を煽って、行動に駆り立てるという管理法がある。


しかしそういうやり方は、大抵うまくいかない。なぜなら、事実を土台にしない限り、部下やチームの能力は伸びないからだ。

 

作り話によって意欲を引き出さなくても、事実によって部下を導くことができる。

無理やり危機感を煽らなくても、「今、何をするべきか」という意識を持たせることはできる。

いつまでに何をするべきかを理解すれば、おのずと、現実に見合った危機感が生まれる。本当の危機感とは、会社の発展に貢献したいという気持ちから芽生えるべきものだ。

だから大切なのは、「今、何をするべきか」という意識を持たせること。
小細工によって危機感を抱かせようとしてはいけない。それは「真実を語る」という大前提にも反することだ。

偽りによって危機感をあおれば、事実をゆがめることになる。そういうやり方を続けていては、いつまでたっても社員は真実を見つめたり、語ったりできるようにならないだろう。

 

常にメンバーに伝えるべき事は、真実なのが大原則。そこで一緒に未来を見つめたいもの。

姑息な手段は相手に必ず伝わりますね。

 

「今、何をするべきか?」それを具体的な行動に落としこんでいき、それが出来たら、即『自己効力感』に繋がる言葉をかけていくことを大切にしていきたいものですね。

 

 

 デール・カーネギーさんの名言

 自分の長所、欲求を忘れて、他人の長所を考えようではないか。

そうすれば、お世辞などはまったく無用になる。嘘でない心からの賞賛を与えよう。 

 

あなたの毎日がワクワクに溢れますように。