ワクワク的「名言」リーダーシップ

あなたの毎日を1ミリでもワクワクに。気楽に読める内容です。

嫌われる会話で退屈されるベスト1はこれ!!

【退屈な会話=リーダー失格!?】

 

お客様だけでなく、仲間内でも人に嫌われる会話というのがあります。

いったいどんな会話が人に嫌われると思いますか?

 

自慢話?

落ちのない平凡な内容?

無駄に長い話?

 

米国ノースカロライナ州にあるウェイク・フォレスト大学の心理学者マーク・レアリー教授たちはこの「会話の退屈さ」について分析を行ったそうです。

(すごいこと調べる人もいるもんですね~)

 
教授たちは、297名の大学生たちに、「どういう時に退屈するのか?」という状況を沢山思い出させ、それを統計的に分析し、共通する要素を発見したというのです。
 
いったいどんな内容なんでしょう?
気になりますか?
 
気になりますよね?
 
 
 
調査の結果、最も退屈させるのは、
 
「絶えず文句ばかりを言い、同じ話の繰り返し。いわゆる自己中心的な会話」
であったというのです。
 
自慢話や、平凡な話などもうんざりさせられますが、やはり一番退屈なのは、同じ話を聞かせれる事だというのです。
 
さらに嫌われる会話要素の含んだ会話をする人は
 
「リーダーとしてついていけない」
 
とバッサリと評価を下されたようです。
 
 

f:id:piropirosurf:20160422003307j:plain

つまりこれは、よく飲み屋で交わされてる会話ということじゃないですか!?
飲み屋での会話はお互いが人の話を聞かずに、愚痴が繰り返されていることありますね~。
それで本人はストレス発散しているようでも、実はさらにストレス積み重ねになっていることも。
 
精神衛生上、よいリーダーは建設的な会話をしていくのが求められるということですね!
 
 
っと、偉そうに書いている僕ですが、飲み会の翌朝、
 
「昨日帰ってきた時に、その話聞いてますけど・・・」
 
と奥さんにいつも言われているのは秘密にしておきます。。。
 
 
 
『自分に関心を持ってもらうために2年間費やさなくても、他人に関心を持てば、2週間でより多くの友人を作ることが出来る』
 
自己中でなく、周りのメンバーに関心を持てる人間になりたいものですね!!
 
あなたの毎日がワクワクに溢れますように。