ワクワク的「名言」リーダーシップ

あなたの毎日を1ミリでもワクワクに。気楽に読める内容です。

「仕事は愉しく!」って言われても・・・。

【あなたにとっての夢のカケラはなんでしょう?】

 

「仕事は愉しく!」と言われても、そう簡単にできるものではありませんね。

 

時にはクレームでお客様からお叱りを受けることもあります。

そんな時に、リーダーから「笑顔で愉しくいきましょう!」なんて声を掛けても、それは無理ってものだと思います。

 

そういえば、昔店頭で笑顔でお客様に声を掛けたら、「なに笑ってんだ!」っと怒られたことがあります。

よっぽど僕の笑顔が気持ち悪かったのか、それともお客様がイライラしていたのでしょうか。。。

 

仕事をしていると相手があることですので、「笑顔になれない・・・」そんな気分の波もあって当然だと思います。

 

そんな気分が下降ぎみなスタッフを見かけたときに、紹介したいのが本日のお話です。

尊敬する中山和義さんの書籍から引用させていただきましょう。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デパートで働いているある女性は、いつも先輩に、

 

「もっと楽しそうに仕事をしなさい。

そんな疲れた顔でお客さんの相手をしたら誰も買ってくれないわよ」

 

と怒られていました。

彼女もそのことはわかっていたのですが、仕事が嫌になっていたので、それがどうしても顔や態度に表れてしまっていました。


ある日、彼女はAさんと一緒に催事の販売をすることになりました。

Aさんは彼女の同僚で、いつも本当に楽しそうに働いている女性です。

 

Aさんは、慣れていない忙しい催事の現場でも、いつものように笑顔で働いていました。

どうしてそんなにいつも笑顔でいられるのだろうと思った彼女は、思いきってAさんに、
「どうして、そんなにいつも楽しそうに仕事をしているんですか?」

と尋ねてみました。

Aさんは、

「そんなに楽しそうに仕事をしているように見えますか?そうだとしたらそれは亡くなった私の母のおかげだと思います」

と答えました。


その日の仕事が終った後、彼女はAさんからお母さんの話を詳しく聞きました。

Aさんは、お父さんが病気で小さい頃に亡くなってしまったため、お母さんに育てられたそうです。

お母さんは、仕事でどんなに疲れて帰ってきても、いつもAさんの前では笑顔でいたそうです。


ある日、Aさんが、

「どうして、お母さんはいつも楽しそうなの?疲れたりしないの?」

と尋ねると、お母さんは、

「お母さんだって疲れているときや嫌な気分のときもあるよ。でも、そんなときこそ、笑顔でいないといけないと思っているの。ためしに笑顔を作ってごらん。楽しい気分になるでしょ」

と答えました。


Aさんがお母さんに言われた通りに笑顔を作ると、お母さんは、

「その笑顔を見たいから、お母さんはいつも笑顔でいるんだよ」

と微笑みながら話してくれたそうです。


最後にAさんは、彼女に向かって笑顔で言いました。

「家は貧乏で大変でしたが、母の笑顔のおかげでいつも楽しかったんです。楽しいから笑顔でいるのではなくて、笑顔でいるから楽しくなるんですよ」


次の日、彼女はAさんのように朝から笑顔でいるように気をつけました。

すると、いつもはあまり話しかけてくれない人まで、

「おはよう、楽しそうだね」

とか、

「今日はやけに機嫌がいいね」

などと話しかけてくれました。


彼女の気持ちも自然に楽しくなりました。

笑顔の人の周りには、笑顔の人が集まってきます、だから、楽しいことも増えていくのです。

 

参考出典:『会社に行くのがもっと楽しみになる感動の21話』 中山和義著 三笠書房

f:id:piropirosurf:20160219234122j:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ディズニー好きに聞いた話ですが、ディズニーランドのパーク内を清掃するカストーディアルと呼ばれる方がいます。

 

その方にゲストが「何をしているのですか?」と聞くと、「パーク内の掃除をしているんですよ!」とは答えないそうです。

 

カストーディアルの方々は

夢のカケラを集めているんです」

と答えてくれるそうです。

 

夢のカケラを集めているからこそ、夢の世界にいられる。

そこに真理があるのかもしれませんね。

 

 

あなたの毎日がワクワクで溢れますように。